So-net無料ブログ作成
検索選択
一代限りの命に生まれ変わったうさぎサン達がずっと一緒に暮らしてくれる家族を待ってます 大阪市内にて譲渡会・個別お見合いで会うことができます ペットショップに行く前に選択肢としてご検討下さい。_(._.)_
blogbnr.gif


love21.jpgo0360027013774443953.jpgmaronn2.jpg


うさぎ《ジェニファー》 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

おばサンタ [うさぎ《ジェニファー》]

年末年始が迫り
ショップさんの受付〆切り前にとなると
余裕もってクリスマスになった訳で…

おばサンタな同居人
予想外のアクシデントやら
バイトの疲れやら
ホルモンのバイオリズムやら

やることが空回り気味だったりで落ち着かん(x_x;)


ネットショップさんで有り得ない不運に遭いキャンセルな顛末があり
トイレ外して粗相するようになったジェニファーへの新たなトイレを求め
結局、人でいっぱいの隣町イオンモール内実店舗まで走るはめにε~(;@_@)

ちゃんとワイヤースノコが枠にはまるのを確認&フードサンプル沢山get

当初の金額より高くついて orz

夕方、ケージ掃除ついでに設置
案の定警戒されるわね

乗ってくれるように牧草置いたり
乾燥パパイアでおびき寄せてみたり

上半身しか乗せないのが続き



1時間半程でやっと不格好ながら用足してくれた



牧草ランチボール復活させてみたり


無駄な買い物にならずに済みそうだ

一番大事な
いつものサンタ牧草もすでに届いてるし


あとは
ただただ…静かに過ぎていくことを祈るのみ

アーメン






nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

いつもに感謝 [うさぎ《ジェニファー》]



大丈夫か?な排泄物だったけど


昨日の夕方くらいから食や動きがいつもの気配に戻ってきて




いい感じに


なんか下さる?




かつて命を奪う選択をしたカプチーノのローリングがリンクしたくらい
「このまま止まらなかったらどうしよう…」と頭を過ぎる強烈な数分

心臓に悪いわ(|||_|||)



とりあえず、安堵とともにグッタリきた同居人なり

















nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ジェニファーから喝 再び… [うさぎ《ジェニファー》]

今朝、ペレット残し
しばらくして
牧草フィダーから牧草食べようと体勢崩したか?と思いきや突然ローリング起こす
 
3分くらいの出来事だった
その後、落ち着いて通常の動作もできるようになるが
覇気が無いような

ローリング誘発させないようかかりつけ受診そっと運転連行

順番待ち



同居人、動悸・汗半端無い


よりによってこのタイミングはきつい orz




[当日夜追記]

恐らく突発性のものだろう
現状落ち着いてるし
本兎も朝のショックあるだろうから
下手に動かさず薬無しでそっと様子見をするのとに

ただ
食がいつものようなアグレッシブさに戻らないのは怖い件に
消化管促進の皮下注射だけしてもらう




トイレも使える、水も飲める
また体動バランス崩してローリング誘発させないよう牧草フィダー撤去置き牧草にし
様子見る


とにかく、うとうと?
思い出したようにペレットも牧草もチビチビ喰い






う~ん

今回は手強そうだ

いつかに続く







トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

一気に一段落 [うさぎ《ジェニファー》]

大雑把な変化写真




5月31日夜から潜血っぽいのが混ざらなくなった
再診時
病院怖いわ
特にしこり・腫れ見受けられず
念のためあと5日抗生剤投与で一旦終了


他2うさぎの爪切りも
怖い…
僕も
彼らは0.05㌔ずつ体重アップ


頼むから当分具合悪くならんといてぇ~



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

尿潜血 [うさぎ《ジェニファー》]

昨日未明から早朝5時の間
また不調だった痕跡がみられたジェニファー
スノコ下を掃除中 排泄もしだし

朝のペレットもガッツキ
安心してたところ

午後にスノコ下に異様な粗相を見つける



生殖器?膀胱炎?結石症?

もしかしたら、今までのは胃腸うっ滞ではなかったのかも…

夕方、かかりつけ受診
ペットシーツに残ったブツをチェックすると
潜血反応あり

触診では特にしこり・腫れは見受けられない
エコーをしたところで小さな腫瘍などは見つけられなかったりする

例え何かあったとしても
斜頚が残っているシニアの彼女に
全身麻酔の開腹オペは病巣を切除できても
斜頚を悪化させ結果的にはQOLを下げ命を縮めるリスクが高い
オペは回避し可能な限りご機嫌さんな時間を延ばしてやるつもりだ

まずは膀胱炎の可能性で内科的治療をし様子を見ることに



こんなオシッコが出なくなりますように(祈)


ちなみに
当兎は早朝から牧草を食み いたって普通なり






nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ジェニファーからチョイ喝? 再び [うさぎ《ジェニファー》]

また23:30…
昨夜から今月9日~10日にかけて同様の異常が見られ

うっ滞

今回は苦しく痛そうなのがわかりやすかった

スノコに失禁


背中温めさすったり


胃腸動け~!
プリンペラン塗したレタス置いておく

今回は回復するのに時間かかった(ノ_σ)
3時以降に少しずつレタスを食べ
排泄しだし牧草も食べだし

朝のペレット給餌時にはいつものガッツキ
姿が見られるまでに

同居人は相当寝不足(+_ q ))
シニアの彼女にはこの寒暖差が相当堪えてるんだろう

それにしても今年の気候は異常だ
まだストーブしまえない




nice!(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ジェニファーからチョイ喝? [うさぎ《ジェニファー》]

昨夜23:30にジェニファーに異変

足腰を安定させようとするように足踏みのような動き
お腹伸ばし左後方に両後ろ脚投げ出し怠そう
トイレに上がらずスノコに排尿
触られるのを嫌がる
眼振は無いが人形のような目つき

斜頚再発か?うっ滞か?生殖器か?

チラチラ様子を気にかけながら
朝一受診できるよう構える




あら!?

日付変わって1時過ぎから
いつも通り牧草食べ出し
トイレも使い水も飲み

で、
朝のペレット給餌時にゃ
いつも通りがっつき
牧草・水の入れ替えに扉開けるや
ケージから難無く出て部屋を跳ね

至って普通




わからん

ちょい不調を自ら克服しただけか?

寝不足引きずりバイトに行くことになりそな顛末



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

うさぎ用品考察 ③ [うさぎ《ジェニファー》]

同居人
ちょいと前から気にはなってたけど
斜頸の後遺症残るジェニファーさんの給水ボトルでの飲みっぷり
一生懸命飲んでる感が…

画像 473.jpg

もう2年近くローリングも無いし
5歳になり落ち着きも出てきたから
倒して割って怪我になることもないかな?
目・首への負担軽減のため
ろこ同様「サイフォンドリンカー」にシフトを試みる


ケージに投入直後、齧って動かしそうな素振り
すぐさま静止させ、より安定良く飲みやすいよう配置微調整
首が左に傾いてるのでタンクが左にならないようにとか
画像 474.jpg


半日ほどして夕方には
コキュコキュ・ピチャピチャ美味しそうに飲んでらっしゃった



最近あちこちで地震が起きてる
余分にフードも用意しておかなきゃな…
サイフォンドリンカーと一緒に取り寄せた同居人であった









nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

2年経ったよ [うさぎ《ジェニファー》]

画像 468.jpg

食後のごろんちょ♪


どこかの空の下で
粗末に扱われている命達がいることだろう

いつ貰えるか分からない水・食べ物
ろくに排泄物の始末もしてもらえず 臭う環境で我慢を強いられ
暑さ寒さ対策も無く
具合悪くても気付いてもらえず「死んでました」で済まされて

そんな命達に気付いて孤軍奮闘してるヒトも僅かながらいる
でも
それで良いわけがない

だから

「オカシイ!間違っている!」と物申す勇気を持つヒトが増えて
粗末に扱われる命達が生み出されないようになってほしい



ジェニファー
飼育小屋から足抜けして2年経った

責任が不明瞭なスタイルでまともなお世話が続くわけがない
安易に組織で生き物飼うのはやめてくれー

画像 469.jpg 牧草喰いすぎぃ~


一時は90度まで首が傾いてローリング発作もでた
半ば諦めながらも投薬と適切な環境・給餌で快方へ


ビビリの爺うさぎと落ち着き無いチビ中年うさぎと共存
ご機嫌な隠居生活を送ってる



チャー喜ぶ~



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

もやっとした不安 ② [うさぎ《ジェニファー》]

昨日の昼前に発見
画像 457.jpg画像 456.jpg

ジェニファーの年からすると子宮疾患が出てくる確率高いのが近年のセオリー

でも…

他は全く出血跡らしきもの見当たらず

足底部からか?

斜頸の後遺症が残ってるので下手にひっくり返すわけにもいかず

かかりつけ午前診療ギリギリセーフで診察してもらう

触診で分かるような即外科的処置を要する張り・しこりなどは見受けられず
小さいものがあったとしてもエコー・レントゲンでは発見低いのであてにならず

右後ろ足底部踵に脱毛して皮膚が出ているところを発見

今回はここからではないか、ここであってほしいという診断になる

事前に子宮摘出なり避妊処置しておけば良い話だが
残念なことに斜頸の障害が残ってる生体に麻酔がリスク
子宮疾患で死なせるか、斜頸悪化して死なせるか
一か八かはその時にかける
できるだけご機嫌な時間を過ごさせてやろうと腹くくって2年近く

それでもやっぱり心臓にクるわ(・・;)

幸いなことに発情行為も無いから生殖器に負荷は軽減されてるだろうし
もう学校の飼育小屋じゃないから
きちんと食事管理もしてやれる



ご立腹される元気があって結構



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
前の10件 | 次の10件 うさぎ《ジェニファー》 ブログトップ